ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |とっても気になる事  体験記2

Entries

とっても気になる事  体験記2

実は、ワタクシ、3月後半から4月前半にかけて、実に約35年振りにオーストラリアを訪ねる予定です。
私の住んでいたのは、シドニーです。 首都では、ありませんが、大きな都市です。
首都は、キャンベラですが、昔は、メルボルンでした。 そのメルボルンの近くで大変な山火事が起きています。
聞くところに寄りますと、毎年の様に近年この時期に山火事が起きていて、その煙は、メルボルン市でもみえるとか。 

オーストラリアの山火事 死者171人に

(写真:産経新聞)


メルボルンは、オーストラリアの南東部に位置する所です。 昔、私がメルボルンを訪れた時(真夏でした)、とても寒かったような気がします。 日本と違って、メルボルンでは、1日に4季があると言われる位、気候が不順なのですが、地球温暖化で、1月2月には、雨が降らず、気温は、43度を越すようです。
ちなみにシドニーもただ今41度位あるそうです。 シドニーでも、水不足で、週2回、水の制限があるようです。
私が住んでいた時には、気温もそれ程では、なかったし、雨も適当に降っていました。 何しろ、エアコンも扇風機も使っていませんでしたから。 只、大陸気候なので、暑い時には、戸や窓を閉めて、外の熱気を室内に入れないようにしていました。 木陰は、それ程暑くなかったような気がします。

メルボルンとは、反対の北部にあるクイーンズランド州では、大洪水が起きています。 地球温暖化は、深刻ですね。 南半球に位置するオーストラリアは、北の方が暖かいのです。 北部は、赤道に近いのです。
3月から4月にかけてだと、一番良い気候だからと言われて、訪豪をその頃に決めたわけですが、35年も経って訪れるのは、ちょっと戸惑いも少なくは、ありません。 浦島花子状態です。 やっとの思いで、訪れる第2の故郷の昔お世話に成った知人達の7割は、もう亡くなっています。

 

266

 

私が、滞在していた頃は、まだオーストラリアの方が、生活状態が、日本よりも上だったような気がします。
丸で違う世界に入り込んだような気がしていたものです。 1回目の訪豪の際には、社会に出て間がない時期だったので、目を見張るばかりで、スッと溶け込みました。 所が、2回目の訪豪では、「ん?」と、感じた事が・・・

1回目の時には、M子さんのお宅に約1年間のホームステイでしたが、2回目には、フラット(アパートの事)を借りて、一人住まいをしましたから、日本で生活してた様にやってたわけです。 そして、週末には、決まって、親元に帰るように、M子さんたくにお泊りしに行きました。

そして、食後の食器洗いは、M子さんのご主人のJさんが洗い、私が、リネンで拭いて、戸棚にしまうのです。
その頃、ゾッとするような場面に初めて気づいたのです。 オーストラリア式食器洗いの仕方。
それは、先ず、水で皿の汚れをザッと取る → 流しに湯を溜め、食器洗い用の洗剤を入れ皿を洗う → 流しの水が段々と汚れてくるが気にせず洗う → 皿を受け取り、リネンで拭く。 洗剤の泡がくっついたままです。
すすがないのです。

ギョッとなり、M子さんに言った事があるけれど、「長い事やってるけど、生きてるから大丈夫よ!」と、言われました。 それで、まぁ、そんなものかで、そのまま。
この数年にM子さんは、私の家に2回滞在されました。 気づいたら、流しに立って、オーストラリア式の食器洗いをなさってました。 ビックリ仰天! すっかり忘れていたのを思い出しました。
M子さんの友達が、昔同じストリートに住んでいました。 その方は、離婚して2人の女の子を育てていましたが、その方の家で食事会があると、皆で食器洗いを手伝いました。 もちろん、オーストラリア式で。
そして、彼女は、皆が帰った後で、食器を洗いなおしていたらしいです。 やっぱりね。

約2週間滞在予定ですが、その間は、オーストラリア式の洗い方で洗った食器で食べるのかしら? 恐いなぁ。
最近公害関係に特に敏感になってます。 日本みたいに水を垂れ流しで洗えないし。 でも、出きるだけ私が、食器洗いをしよう。 そして、こっそり、流しに水を溜めて、すすぎをしましょう。
と、言うようなくだらない事が心配で成らない今日この頃です。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/140-b9f16945

トラックバック

コメント

[C593]

こんばんは。
藤色のアンさん、とうとうオーストラリア行き決定なんですね。ひさびさの訪問、存分に楽しんできて下さいね♪
35年ぶりだと様子も随分変わってるのでしょうね。しかし水が貴重な場所では食器も濯がないだなんて正直びっくりしました。所変われば品変わる、郷に入れば郷に従え、なんて言葉もありますが、流石に洗剤はちょっと不安ですね(笑。

  • 2009-02-11 20:02
  • ふーみん
  • URL
  • 編集

[C594]

☆ふーみんさん
今日は、お休みでしたか? 庭仕事は、出来ましたか? 段々芽生えてきていて、楽しくなって来ましたね。

行くと言ってもまだ飛行機の予約もしていません。明日旅行会社に行く予定です。ひょっとしたら、成田発になるかも。

ホテル宿泊だったら、台所を見なくて済むので、安心(?)なのですが、在豪50年のM子さんは、完全にオーストラリア化していらっしゃいますので、色々と恐いなぁと、思ってます。
あちらの洗剤が日本の洗剤より弱いとは、思えないし・・・ 絶対に食器洗いは、私に任せて!と、言うつもり。(笑)
  • 2009-02-11 23:42
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C595]

v-22食器洗いのことは私も前に聞いたときには仰天でしたよ。考えられない話。あちらへ行ったらお皿の上の食べ物が喉を通らないかも。
ところでレストランとかもそうなのかしらね~?
国民性なの?
兎に角、お腹に気をつけてください。

山火事はテレビで見ました。
怖いくらいの凄まじい燃え方。
なんでも放火とか・・。許せないi-180

[C596]

文化の違いでしょうか??
なにか納得できませんよね~。

映画で、泡ぶくぶくのお風呂に入ってる人が、
泡いっぱいついた体のままタオルのガウンを
(あれっ、これで良かったかしら?言葉が浮かびません^^;)
はおるシーン何度も見ます。
急いでるシーンでもあったり、そうでもなかったり。
とても気になるんです。^^
  • 2009-02-12 08:32
  • ameri
  • URL
  • 編集

[C597]

オーストラリア行き、だんだん近づいて来たね♪
このまえフジちゃんとこに遊びにいらしたM子さん
とこに泊るのね
食器洗い、そーなんだ、ゆすがないんだ!!
見てしまうと気になっちゃうね
文化の違いっていっぱいありそう
靴で部屋にあがるっていうことも
びっくりだもん。
  • 2009-02-12 09:16
  • アン
  • URL
  • 編集

[C598]

☆mimakaさん
ネ? 洗剤のついた食器を拭いて・・・考えただけで、ゾッとする。然も、流しの水が段々汚くなるの。M子さんの娘の家には、食洗機があるので、多分すすぎがあると思いますが・・・
お腹は、痛くならないと思うけど、公害が心配。

山火事は、昔からあったけど、年々ひどくなってるようです。

☆ameriさん
そうそう、お風呂もシャボンで、お皿と同じ。でも、お風呂は、許せる。洗剤口にしたくありませんよね。

☆アンさん
今日旅行会社に行ったけど、航空会社も儲かってないのか直行便が減っていて、シドニー行きが中々良いのが無くて、火曜日又行きます。お値段も予想以上に高くて(3月は、燃料費のサーチャージ要)空港税もすごく高いのです。日系の航空会社は、直行便が成田発しかなくて、難儀してます。3月が4月に変わるかも。

靴で部屋に上がるのは、余り気にならなくなります。事務所では、靴でしたから、同じような物ですから。日本人は、戸口で脱いで、スリッパを履いたりしますね。それよりも、アメリカ人に家を貸すと、靴で家に上がるので、その方がショックです。畳の上でも、平気で靴で歩くし・・・
  • 2009-02-12 18:50
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C599]

今オーストラリアは火事や水害で大変なことになってますよね。。。藤さんが行かれる頃には平穏になってますように!

あちらの洗剤は口に入っても大丈夫な成分なのかな。。。
水を流しながら食器を洗うことが当たり前の暮らしだからね、私もオーストラリア式には馴染めないよ。
お国違えばで、いろんな習慣があるもんだね。

[C600]

☆こまははさん
山火事は、メルボルンの近くで、シドニーとは、相当離れてるので、その方は、心配ありません。

洗剤は、多分オーストラリア人は、無頓着なだけで、無害には、思えません。
水不足の時期に行くと(1月2月)シャワーも好きなように使えなさそうで戦々恐々です。3月後半からは、涼しくなるので、状態がよくなって欲しいですね。
  • 2009-02-13 19:44
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード