ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |ボチボチ始めましょうかね~

Entries

ボチボチ始めましょうかね~

早い物で、帰国して瞬きを数回した感じの内に一週間経ちました。 たったこの間の楽しかった旅がドンドン過去になるのが恐ろしい。 今では、自分は、本当にシドニーに居たのだろうか?と、言う感じなのですよ。
帰国は、深夜なのに、翌朝から吉和に引っ張っていかれた私。 5月6日まで吉和に居たので、帰宅したらやることが満載です。

先ず、たったの2週間の間に我が庭は、無残な姿になっておりました。 昨日は、バラの鉢を元に戻して、黄色になった枝葉を全て取り除き、ほうきで掃いたり、水播きしたりでゴソゴソしておりました。 
今日は、外出が午後1時まで、遅いランチと休憩後、2時から裏のジャガイモ畑に肥やしをやり、芽かきをし、その後クワを振るって耕してとすっかり農婦でした。 半分位済ませたところで、『こんにちは♪』の声は、畑の真後ろに2月に引っ越してこられたTさんの奥さん。 同年代なので、色々な話をしていたら1時間半経ってました。
釣りに行っていた殿がご帰宅で話は、中断です。

ジャガイモの芽がちゃ~んと出てました。 今日は、27度くらいもある暑い日です。 そして、畑に出ると目の前をブンブンうるさく虫が飛び回ります。 それで、シドニーで↓の帽子を見つけた時には、思わず叫んじゃいました。 この帽子は、夏場田舎に行くとハエの多いオーストラリアで昔かぶって作業をしたらしいです。 帽子の縁にぶら下がっているコルクを頭で振って虫やハエを追い払います。 作業続行出切る優れものです。
M子さんの娘T(43歳)に見せたら、『うっそ~!ホントにそんな変な帽子買ったの?』と、言われました。
しかも、ちゃんと夫婦でかぶれるように2つ買ったのです(笑)。 コルクがなきゃ結構イケテル帽子と思いますけどね。

 

オージの変な帽子001 オージの変な帽子002 帽子と私

 

 ジャガイモ畑は、話に熱中していたので、3分の1ほどしか終わっていません。 まだ暑い日差しの中、猛烈な勢いで作業続行し、ついに終わらせました。 もう、汗だくです。 シドニーでは、『やれ食べろ、それ食べろ!』 『さあ、モーニングティーだ、やれアフターヌーンティーだ』と、のべつ幕なしに飲み食いが続き、体重の増加が怖くて堪らない日々でした。 然し、毎日歩き回るので、体重の増加は、1kgのみ。 帰宅してご飯が美味しくて食べ過ぎて、更に1kg増加。 困ったもんだと思いながら、2日間の作業で元通りになりました。


40年前と35年前にお世話に成ったのは、この方々です。 ある日、行き場の無くなった私を引き取って下さった神様のようなご夫婦です。 M子さんとJさん。 右は、お若い時の物。 現在80歳のお二人。
今回も丸で自分の家族のようにすんなり溶け込みました。 事実、M子さんは、私の事を『自分の娘のようだ』と、おっしゃいました。 ありがたい事です。 昔の私には、M子さんの通訳が必要でしたが、今回は、多少のわかりにくさは、ありましたが、3人で時差無しの会話が出来ました。

 

2009年4月シドニー旅行 吉和GW171 DSC04652.jpg

 

そして、昔と変わらない家です。 中の様子も殆ど同じでした。 右端の紫の花も昔からありました。 あの家の所だけ切り取ると丸で35年の時が経ったとは、到底信じられない光景です。 右は、22歳の私です。

 

DSC04937.jpg dressedup in Sydney

 

 

私が2度目にシドニーに行った年(1973年)に完成したオペラハウス。 この港にオペラハウスの無い光景は、ありえません。 ヨットの形が、デザインされています。 

 

DSC04883.jpg 

 

 

これから気ままに気負い無く旅の様子を書いていきます。 滞在中日記と言う物を記さなかった私です。 忘れない内にと、GW中手書きの下書きを書き、肩を痛めました。 中々うまくまとまりません。 カレンダー順ではなく、項目別にあちこち飛び回ります。 楽しんでいただけたら幸いです。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/169-fb8b7cba

トラックバック

コメント

[C766]

楽しめましたよ。^^
藤色のアンさんの文章はホントに心地良いです。


帽子とってもいい色ですね。
可愛いです。
それにしても藤色のアンさんって働き者だわ!!

[C767]

コルクがぶら下がった帽子、かっこいいです
ご主人とおそろなんだね~♪
ご主人は帽子が好きだから喜んだんじゃないかしら
似合ってますよ!!
147
40年ぶりのシドニー
写真を見て私も胸が熱くなった
涙でそうよ。。。
m子さんご夫妻がお元気なうちに再会できてほんとにヨカッタネ
ほんとの娘みたいに思ってくれているんだね
幸せだねフジちゃんは
またいけたらいいね
  • 2009-05-09 10:34
  • アン
  • URL
  • 編集

[C768]

35年の時が一瞬に埋まる。。。Mさんご夫妻と藤さんの絆を感じました。
80歳のお写真に人柄の温かさが滲み出ています。。。再会が叶ってほんとに良かったですね。

それにしても22歳の藤さん、溌剌とした若さがまぶしいくらいです。
帽子をかぶった今の藤さんもお茶目で可愛いです(笑

帰国後も元気に動いてらして、藤さんパワーには感心するばかりです。


[C769]

☆ameriさん
いつも拙い文章を読んでいただいて嬉しいです。
帽子は、コルクがついてるのが変ですが、とてもかぶりやすいので、その内にコルクを取り払うかもしれません。

ジャガイモ畑の仕事は、殿と口げんかをして、自分ひとりでやるからほっといてくれと、豪語したので、仕方なくやりました。

☆アンさん
コルクの帽子は、今時分、虫が目の前を飛び回るので、便利なんですよ。 カッコイイかどうかは、わかりませんが。
殿も気に入って、昨日から吉和で作業するのに、かぶってやってました。

M子さんも今年80歳、かなりスローになっています。 でも、一生懸命頑張っている姿は、見習わなくてはね。 何度も会ってるから、35年振りとかでは、ないので、普通な感じだけど、ご主人のJさんとは、35年ぶりでした。 丸で親元に帰った感じがしました。

☆こまははさん
M子さんは、実家が呉市なのですが、何度もお里帰りされてて、その度にあってるのです。 ただ、シドニーは、35年ぶりだったので、ご主人や近所の人たちとは、35年ぶりでしたが、昔とちっとも変わらぬ態度に感動しました。 

コルクの帽子を買った時には、あちらの人達は、あきれ返りましたので、私がかぶって仕事をしている様子を写真に写して、送りたいと思い写真を撮りました。 

明日から、庭仕事にせいを出します。
  • 2009-05-10 20:17
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C770]

おはようございます。
先週は忙しそうでしたね。
私もようやく日常がきょうから戻ります。

第2のふるさとへ戻ったみたいできっと年月の開きも感じさせなかったのでしょうね。

35年前と光景が変わらずの家とは感動ですね。
そこで35年の毎日が坦々と営まれていたのでしょう。
そして2枚のお写真の歳こそ重ねていても変わらない御人柄、アンさんはきっと嬉しかったことでしょうね~。
すーっと溶け込むことが出来るのはどちらも素直な心だからですね。本当に行ってよかったですね~~~。

帽子は農婦にピッタリ!アイデア物だわ~。
日本ではないシロモノですね。
帽子にワインのコルクをつければいいのかしら。


[C771]

☆mimakaさん
今週もまだまだ忙しいです。 それでも、やっぱり家は、良いです。 少しずつ、少しずつ元の生活に戻します。 加齢のせいで、スローです。

35年も経っても殆ど同じってちょっとありえないよね。 だから、スッととけ込みました。 次回(何年後かわかりませんが)には、本当に浦島花子かもしれないと思うとたまりません。
何より嬉しいのは、私が滞在した事で、M子さん夫婦も楽しく過ごされたと聞いたことです。 漫才みたいな出来事も多々ありましたけどね。

帽子かなり気に入っています。 何より色と形、材質がとっても良いのです。 コルクで虫を追い払うのは、とっても良いですよ。(アハ)
  • 2009-05-11 19:49
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード