ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |明けても暮れてもティータイム

Entries

明けても暮れてもティータイム

今回は、3度目のオーストラリアでしたから、モーニングティーもアフタヌーンティーも熟知して行った物の最後には、アップアップ状態でした。

食事の呼び方は、アメリカと英国系では、↓の様に違います。

   食事      アメリカ          英国系

   朝食      ブレックファースト    ブレックファースト

   昼食       ランチ            ディナー

   夕食      ディナー/サパー      ティー


夕食をティー (ん?)ですよね。 でも、Tea is ready!  と、言うと、『夕飯ですよ~』に、なります。 辞書で、Teaを引くと、唯一あるのは、午後5時頃にお茶と共に出される軽食とありますが、実際は、完全に夕食です。
毎朝、7時ないし8時頃に朝食を食べます。 所が、食器を洗い終わって、ホッとした頃に、『オッ!モーニングティーだ♪』と、なり、丁度10時だった場合、正に何を置いてもモーニングティーです。 たったの2時間ばかり前に朝食をタラフク食べた後なのに、ミルクティーとお菓子やクッキーが出ます。
初めは、正直言うと私も何の催促もしないでも、オヤツタイムが来るので、喜んでいました。



べレスさん宅にお邪魔して嬉しいモーニングティータイム 
(ウキウキしてた頃)

DSC04658.jpg   DSC04660.jpg   

 

  

到着翌週、M子さん、Jさん、私の3人で、第2次世界大戦中にオーストラリアに攻撃を仕掛け、捕虜になった日本軍人及びオーストラリアで働いていた日本人民間人が捕虜として収容されていたカウラと言う所へ(シドニーから約315km、車で3時間半)1泊どまりの旅に出ました。
朝8時出発。 カウラには、お昼前にならないと到着しません。 カウラまで半分位行った所で、10時近くになりました。 もちろん、ピクニックパークを見つけて、持参した熱い紅茶、朝作ったサンドイッチを広げて、人気のない公園でモーニングティーです。 喫茶店などには、入りません。 1泊旅行なのに、ポットから、軽食から、カップまで持参ですから、大荷物です。

 

DSC04714.jpg 

 

ある日、A子さん、M子さん、私の3人で、過去2回の滞在中、貧乏で出来なかったシドニー湾のクルージングをする事になりました。 もちろん選んだのは、モーニングティーつきの2時間のクルージング。 そして,約束の(?)モーニングティーが出ました。 山盛りのスコーンやお菓子。 ポケ~っと座って、ガイドさんの説明を聞いているだけでは、面白くは、ありません。 そこへモーニングティーです。 食べ放題です。
M子さんは、ともかくとして、モーニングティー、アフタヌーンティーが体や頭に染み付いているA子さんは、外出時には、必ずオヤツ持参です。 この日も船の上でモーニングティーが出るのに、果物をタッパーに入れ、アフターヌーンティー用に船の上のスコーンを紙に包んでお持ち帰りです。

 

DSC04876.jpg 2009年4月シドニー旅行 吉和GW105_edited

 

 

その後、家に居ても外出していても、午後3時のアフタヌーンティーもかけた事は、ありません。 
帰国直前の4月29日は、私の誕生日でした。 前日、作り方を習いたいので、M子さんにレモンメレンゲパイを作ってもらいました。 そして、翌日私の誕生日には、注文してあったバースデーケーキとレモンメレンゲパイで近所の友達バーバラ(77歳、未亡人、隣に住んでいる)とフリーダ(78歳、未亡人、近所に住んでいる)の二人をアフタヌーンティーに招待して、皆で誕生日のお祝いをして貰いました。

 

DSC04931.jpg DSC04933.jpg

 

DSC04944.jpg DSC04945.jpg

 

帰国直前まで、あちこち出歩き兎に角毎日歩く事の多かった日々でした。 そのせいで、取りすぎの栄養は、何となく消化されていましたが、帰国前2日間と言う物は、帰国の準備で運動不足でした。 M子さんのお宅では、毎日2回のティータイムに加えて、寝る前午後9時頃にもう1回ティータイムがあり、オヤツが一杯出ました。
初めは、遠慮して、食べたり飲んだりしていましたが、夜寝る前のカフェインで、眠れなくなったので、夜のお茶の時間は、パスするようになりました。 やっぱり私の胃は、日本人の胃でした。
      

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/173-a48a72a6

トラックバック

コメント

[C788]

一日3回も食事の他にティータイムがあるなんて!
あけてもくれてもティータイム
お菓子の量もはんぱじゃない、それじゃ太ってしまうね
そちらに一年もいたらすごいことになりそ
でも、、知人はパースに一年住んで帰ってきたら激やせしてた
訳をきけば、料理が口にあわなかったらしい
肉料理ばっかで味が好みじゃなかったんだって
日本に帰ってきたらすぐにもとどおりになったけどね
食べては洗い、しまってはまた出して食べて
う~んそれで食器洗いは簡単にすることになったのかな

オーストラリアでお誕生日♪♪♪
おめでとう-☆~☆
ケーキとってもおいしそうだわ
カスタードクリームが入ってる?
ボストンケーキ思い出しちゃった

  • 2009-05-22 21:41
  • アン
  • URL
  • 編集

[C789]

☆アンさん
早速読んでくれてありがとう♪ 
私は、昔は、肉類一切食べなかったけど、M子さん宅に下宿したので、魚類や和食に似せた物を出して貰ってたけど、何しろその頃から、ボロは、着てても、食べる物は、お腹一杯にと言うお宅だったから、太った、太った!到着して1ヵ月後には、20kg太ったわ。
でも、いきなり和食から洋食やデザートだったから、カロリーオーバーだったと思います。

バースデーケーキは、生クリームの日本のと同じような柔らかなスポンジケーキよ。 すごく美味しかった。 でも、レモンメレンゲパイの方がさっぱりして、美味しかった。 作り方習ってきたので、今度作ってみるつもり。

食器は、日本ほど色々無くて、同じ物を使うから、食べた後には、すぐ洗って拭いてしまうでしょ。 2時間もしたら又お皿とか出してテイータイムよ。 又すぐ洗って、ランチ。 そうね、手間を省いてるのかもしれないね。 最近は、食器洗い機を使ってる人もたくさんいるらしいわ。
  • 2009-05-22 22:22
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C790]

ケーキの英字が素晴らしい!!オシャレ!!
  
 大変おそくなりましたが・・・・
    e-398ハッピーバースデーv-363

クルージングなんてかっこいいですね~。
なんだか食べることが多いのですね。そしてそれも大量。
でもカロリー分動いていたので良かったのね。
帰国して風邪を引いて食欲落ちてまた体重減少でいいんだか悪いんだか・・・。

メレンゲパイ??どんな作り方なのか教えてくださ~い。

大荷物のM子さんの暮らしぶりは日本の素朴さと同じなんですね。サンドを持参なんていい感じ!です。
  • 2009-05-23 16:28
  • mimaka
  • URL
  • 編集

[C791] お誕生日おめでとう

オーストラリアで迎えたお誕生日ですか?
おしゃれなケーキですね。

お茶の好きな国民ですよね。お菓子を持参ポットまでも持って?
出来る限りお食事だけでって思ってる私にはすごーいの一言
大量でびっくりです
洗っては片付けまた出して 私はいらいらしそうな感じです。

いろいろな良い経験をしてこられてたのしそう
クルージングしてみたい!!

[C792]

☆mimakaさん
バースデーケーキは、昔は、クリスマスケーキ(英国系の)と同じく洋酒に浸けたフルーツケーキの上に砂糖でアイシングの飾りつきでしたが、最近は、お店でヨーロッパ調の生クリームの乗った甘すぎない美味しいケーキが主流のようです。 デザートが美味しすぎて困りました。 甘党の私ですから。

クルージング夜のハーバークルーズが憧れですが、秋なので強風で結構寒かったですよ。 昼間は、カラリと晴れていたので、写真撮影には、絶好でした。

レモンメレンゲパイは、1度自分で作ってから簡単だったらお教えします。

☆ソーフルさん
大昔オーストラリアで働いていた時にも、朝10時には、ベルがなり、モーニングティータイム、午後3時には、アフターヌーンティータイムがありました。 移民の多い国ですから、国別に分かれてオヤツを食べていました。 
家に居るとなおさらティータイムは、習慣化していますから、食器洗いばかりしているようです。 日本に帰ったら日本流に余りオヤツを食べないようにしています。

クルージングって、フェリーでシドニー湾を2時間ぐる~っと回るだけですが、景色が良いので目の保養になりました。 只、風が強くて寒かったです。 
  • 2009-05-24 21:04
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード