ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |シドニーの手芸屋さん/ハンドクラフト@ロイヤルイースターショー

Entries

シドニーの手芸屋さん/ハンドクラフト@ロイヤルイースターショー

 さてさて、シドニー旅日記は、今日でお終いです。 最後にシドニーで訪れた手芸屋さんと丁度開催中だったロイヤルイースターショーでの展示やワークショップなどについて書いてみます。

以前サンフランシスコ市内に宿を取った時、手芸屋さんを探したのですが、市内では、発見できませんでした。
サンディエゴでは、友人に大きな手芸屋さんに車で連れて行って貰いました。 確か(マイケル)と言う名前のお店だったと思います。
シドニー郊外のショッピングモールに行った時に手芸屋さんを探しに探してやっと1軒発見! でも、色々置いてあるのにパッチワークは、主流ではないのか扱ってないと言われました。 40年前、35年前は、編み物しか頭に無かった私は、手芸屋さんでは、毛糸しか興味がありませんでした。 その後毛糸は、主流から離れていき、毛糸を注文しようとしても売る店がないと言われました。 でも、マタマタ毛糸は、一杯売ってたし、編み物用の本も一杯ありました。 

一応手芸屋さんの中に入り、材料と言うか道具(小物)を買いました。 ニードルポイントと呼ばれる毛糸の刺繍(ハーフクロス)が、人気があるようでした。 これ、大昔ヨーロッパでも一杯売ってました。 

2009年4月シドニー旅行 吉和GW330 2009年4月シドニー旅行 吉和GW331

 

シドニー市内に一人で出た時には、M子さんの娘Tに市内の手芸屋さんの名前と所在地をネットで調べてもらい直行しました。 ネットで調べたら、市内には、これ1軒しかありませんでした。
日本の手芸屋さんを想像して行ったので、お粗末さにちょっとガッカリでした。
それでも、一応パッチワーク用の布がありました。 もちろん買いました♪

2009年4月シドニー旅行 吉和GW239 2009年4月シドニー旅行 吉和GW237 2009年4月シドニー旅行 吉和GW235

 

シドニー到着直後に運よく年に1回開かれる『ロイヤルイースターショー』が、開催中で、M子さんは、手芸の好きな私の為に見るべきところを選んでいてくれました。 でも、まず、普通の自動車とオートバイの空中飛びなどのエンターテイメントから。 ショーを見ながら、持参したサンドイッチを食べた後、クラフト館に行きました。
巨大な建物の中に農産物の展示。 ここで、お土産用に蜂蜜を購入。 それなのに、シドニー空港の検疫で没収の憂目に会いました(クチュ~~ン)。  ↓果物を並べて作った巨大魚

2009年4月シドニー旅行 吉和GW292_edited

 

ありとあらゆる手作り品の展示がありましたが、私は、主にパッチワークを撮影して来ました。 そして、色々なワークショップもありました。 時間があったら参加したかったのですが、午後遅くになっていましたので、指をくわえてショーグラウンドを後にしました。 パッチワークのワークショップでミシンキルトをしている女性と話をしました。 パッチワークサークルの参加だったようです。 時々日本からのキルトの展示があるそうです。 日本人の作るキルトは、(beautiful!!!) だそうです。 ハンドキルトをしている女性もいました。 配色は、とっても良いのですが、キルティングの荒さ(一針が、4mm位)にビックリしました。 

 

2009年4月シドニー旅行 吉和GW316 2009年4月シドニー旅行 吉和GW315

2009年4月シドニー旅行 吉和GW318 

2009年4月シドニー旅行 吉和GW317 2009年4月シドニー旅行 吉和GW313

2009年4月シドニー旅行 吉和GW320 2009年4月シドニー旅行 吉和GW323 


長々とシドニーの旅日記にお付き合いくださってありがとうございました。 帰国して早や1ヵ月半近くなり、完全に元の日常に戻っております。 やはり旅も良いけど、家は、良いです。 自分の手芸材料に囲まれて過ごすのが一番のシアワセ♪ 嫌な事があっても、手作りに逃げ込み、何とかやり過ごしています。 これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/184-266c27d2

トラックバック

コメント

[C840]

おはよう~~。
旅行記は終わりなのね?残念です。
布の値段は日本とほとんど同じみたいね。
ミシンキルトが主流なのでカッティングボードが充実しているようでサイズがたくさん置いてありますね。
やっぱり国民性でしょうか?針目4ミリは私には考えられない。
でも一番は楽しむことが大事だからね。
キルトに数字が貼ってあるのは何で?

私達みたいに手でチクチクしていたら何年かかってもいくらもできないわね?
大いにミシンも活用することを考えましょうよ~?

たまには思い出したらまた旅日記お願いしま~す。

[C841] 思い出旅日記

沢山ありがとう。残念です。
もう帰ってから1月半ですか。年をとるのは早いです(笑)
パッチワーク大好きな方にとってこの機会は良かったですね。それにいろいろなところで同じ趣味を共有できるっていいですよね。

わたしって小さなものは作ることありますが(ばっく、こもの)しないので圧倒されてしまいます。また見せてください。
作品を楽しみにしています。

[C842]

PFAFFのミシン、24ドル75セント?
米ドル違うんだから???え~っと何円なのかな?(笑)
アームが深くて使いやすそう♪
このメーカー日本では見ないですよね。
ヘキサゴンのタペも可愛いなぁ!
キルティングの様子も生で見られたんですね!
とても楽しい旅行記有難うございました!!

[C843]

☆mimakaさん
今回の旅は、短いからこれ位で終り。 その代わりに大昔の旅日記が時々登場します。 そっちの方が面白いかも。

キルトに番号がついているのは、ショーケースに入っている分で、入賞した物や応募で出品した物です。 名前も入ってます。
針目4mmでも、手でやる人も居るのです。 私には、ありえません。 そこが、日本人との違いね。
  • 2009-06-14 21:35
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C844]

☆ソーフルさん
今までつまらない旅日記を読んでくださってありがとうございます。 大昔の旅日記の方が面白い物がありますから、お楽しみに。 若い時って、何でも珍しくドジな事やったり色々ありました。

ソーフルさんは、働いていらっしゃるからお忙しいですよね。私は、退職してからの方が手作りがスローになりました。いつでも出来ると思うと無理してしないのと、エネルギーが少なくなったのとです。
  • 2009-06-14 21:40
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C845]

☆ameriさん
PFAFFのミシンの所の$25.75と言うのは、一週間のリース代ですから、結構なお値段では、ないでしょうか。 約1900円ですから。

あちらは、ミシンキルトが主流でした。やはり色あいは、とっても素敵です。 

つまらない旅日記を読んで下さってありがとうございます。
  • 2009-06-14 21:45
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C846]

オーストラリアのキルトって針目が大きいのね!!!
一針が4mmってほんとなの☆☆☆びっくりしましたよ
遠めには針目はよくわからないけど、色使いは素敵だね
オーストラリアの布、どんなの買って来たのかな
思い出のキルトが出来そうね
私はハワイアンキルトを少し休んで薔薇のアップリケしてます
キャシーさんのガーデンキルトの表紙のやつです
これがなかなか進まないの
やるんじゃなかった、、、とほほ
でもなんとかゆっくりやります
それからアンのゆめ、更新できなくなってしまったの
なんでだろ??
何回やってもだめなのトップがでないの
でもガーデンはブログのリンクからみれます
やっと2009年Rosegardenアップしたよ
介護は毎日大変です
  • 2009-06-15 21:16
  • アン
  • URL
  • 編集

[C849]

☆アンさん
掲示板に入れなかったので、どうしてるかなぁ~と思ってました。
介護大変なのね。 体壊さないようにネ。
Rosegarden見てきたよ。 素晴らしい♪ バラ公園みたいです。 うちのバラも段々咲き始めました。 やっぱり嬉しいです。

オーストラリアのキルトの針目が全て4mmでは、無いと思います。 ワークショップは、殆どミシンキルトで、ハンドの人が針目が大きかったんだと思います。 ショーウィンドーのは、応募作品や入賞作品は、多分ミシンが多いし、針目も小さいと思うよ。

ばらのアップリケ始めたのね。 私は、細かすぎるので、本を眺めてるだけです。 いつかやってみたいけどね。
やっぱり、庭とパッチワークで癒されながら頑張ってください。
  • 2009-06-16 13:50
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード