ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |スイスからのお客人 前篇

Entries

スイスからのお客人 前篇

この3カ月ばかり、家の掃除、掃除と言い続け、それなのに
一向に掃除は、進まずに、恐れていた(?)その日が
5月14日にやって来ました。
スイスからの客人アンネリースとウォルターが、東京
1週間、京都3日間の後についに、私の町にやって来ました。


実に丁度35年ぶりの再会です。 その昔、私たちは、
まだ20代でした。 21歳の時にシドニーで会ったアンネリース。
その頃は、まだまだ、それ程親しかった訳では、ありません。
25歳で再度行ったシドニー滞在1年後に、いつもの気紛れで
日本までの切符をオランダ、アムステルダム行きに
変えた私。 ヨーロッパに降り立ってから、2ヵ月半後
持っていた現金約千ドルを少しずつかじり帰国しようにも
出来なくなった私です。 オランダの安ホテルに
2週間滞在し、行く末を案じまくってました。


はっきりと道筋が出来ないと、路頭に迷うのです。
最後に下した決断は、一か八かで、スイスの
ハンスの妹アンネリースを頼って行く事でした。
ノルウェーの友達に電話をかけ、電信で約十万円分の
お金を送ってもらい、まず、チューリッヒへ向けて
旅立ちました。


大荷物を持って、列車でスイス入り。 パスポートの
検査もなく、従って、私のパスポートに私が、スイスに
滞在したと言う痕跡は、ありません。
チューリッヒと言えば、大都会です。
訳も分からず、駅で尋ねた簡易宿泊施設に泊まり、
夕方、アンネリースの実家に電話を入れましたが、
留守で、彼女の家人とは、言葉が通じず途方に
くれたのを覚えています。


まぁ、色々とありましたが、それは、後日の体験談で
書くとして、数日後、無事にアンネリースに引き取られました。
バールと言う村のある一角に高級住宅街があります。
そこに住むアメリカ人一家での仕事も探して貰いました。
休みの日には、いつも二人で私をどこかへ連れてって
くれました。 その頃は、婚約中でしたが・・・
定年になり、いつか絶対にスイスに会いに行くぞ~と、
思っていたら、先にあちらからこちらへ来るからよろしく~と、
言ってきました。



5月14日午後2時前最寄りの新幹線の駅まで
迎えに行き、そのまま、天下の名橋、錦帯橋へ
直行。 金曜日で観光シーズンでもないので、
人出もなく、ユッタリユッタリと、公園内を歩き回り、
私一人だと絶対に行かない岩国城までも行きました。
東京、京都、奈良の後では、この田舎町は、とても
新鮮にうつったようです。 そこへ持って行って、
今年は、芽吹きが遅く、新緑一杯です。

錦帯橋1  

錦帯橋3 

錦帯橋2
岩国城 


交信の行き違いから、到着が1日早くなり、到着日は、市内の
ホテルに泊まってもらうことになりました。
土曜日から2泊の予定で吉和に行く事にしました。
殿は、ずっと吉和で作業をしていて、何となく落ち着かない
様子では、ありました。 何しろ外人苦手な殿ですから。
まぁ、こんな私と結婚したのが運のつきと言う物です。
何でもありですから。


約2時間かけて、私の軽自動車で山を上って行きました。
天気予報は、的中でとてもよく晴れた気持のよい日。
到着したら、彼らは、待てずに散歩に出かけました。
そして、どこででも見かける光景は、女同士台所に陣取って、
おしゃべりに夢中。英語の出来ない二人の亭主たち。 共に
テレビの近くに陣取って、無言で画面を見つめてました。
気を使う我が殿、流していたDVDを英語放送にかけ替えたり
して、しばらく双方ともチンプンカンプンの英語で画面を
観ておりました。 (笑)



昼食がメインのスイス、夕食がメインの日本。
2日目の夕食は、彼女に自分たちの食べる食事(サンドイッチ)を
作ってもらい、私たちは、和食を作って食べました。
吉和に滞在中は、とにかく自然と戯れ、良く歩きました。
毎日一万歩近く歩いた為、筋肉痛になる始末です。
膝が悪くないのがせめてもの救いです。

細井原にて 


吉和 




到着後4日目の月曜日午後は、山荘から市内に戻り、
山陽本線にて、広島の平和公園に行きました。
20数年前には、広島市外に住んでいて、何度もあの辺りに
行っていたのに、何もかも忘れて、市内に出るたびに
友達に電話をかけて、助言を仰ぐ頼りない案内人です。
原爆ドームからスタート。 その辺りには、平和運動の為の
ボランティアのガイドの方がたくさん居られて、私たちの所へも
来られて、英語で説明をして下さいました。
私の知らない事が、たくさんありました。 もちろん無料です。


平和公園2 



平和公園1 



以前に来た時よりも、平和公園は、木が茂り、今は、若葉の季節で
素敵に変化していました。 65年前の悲劇は、想像できません。
私の父の従弟も20歳で原爆で亡くなっています。
原爆資料館は、戦争をしている国の支配者たちに見て貰いたいと
思います。 戦争を知らない私たちでも、苦しさを覚えます。




金曜日午後には、お客人が、到着だと言うのに、掃除も
ほっぽり出したまま、午前中、陶芸クラスに顔を
出していました。
釉薬をかけるのが溜まっていたので、それを
やりながら、カメラで皆の仕事を撮影し、メモを
取り、残った粘土で、プラの容器を使って
お皿とクリーム入れも作りました。
皆の様子を撮影、編集して、パソコンで
ニュースレターを作っています。

陶芸
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/287-cc29571f

トラックバック

コメント

[C1475]

35年ぶりの再会だんだね
アンねリースさん綺麗な方だわ
赤がとってもお似合い
ご主人もやさしそうな方ね
藤ちゃんが外国旅行中金欠になって頼っていったのがアンネリースさん
そのご縁で今度は日本にいらしたんだね
日本旅行楽しんでおられるのでよかったネ
写真もとても綺麗に撮れてます
私もうっとり見させてもらいました
お天気がよくてよかったね
  • 2010-05-20 08:42
  • アン
  • URL
  • 編集

[C1476]

楽しくしているかな?
そろそろお疲れが出始めているのではありませんか?

兎に角アンさまの若い頃の話はびっくりすることばかり。凄い行動力には感心しちゃいます。
でも・・今のアンさまはしっかり山口県人って感じだし。
若い頃が想像できないし英語ぺらぺらなんて思えないです・・ゴメン!

懐かしい友との再会はなんとも嬉しいですね~~。
英語、ドイツ語(?)、日本語の4人の会話を想像して笑っちゃいました。

[C1477]

☆アンさん
アンネリースとは、スイスに頼って行くまでは、それ程親しくは無かったのよね。 でも、年が3歳違い(アンネリースは、今年65歳)ので、姉妹みたいに仲良くなりました。 ウォルターは、今年60歳だけど、彼の方が、老けて見えます。 彼は、私たちの旦那みたいに怒鳴ったりすることは、ありません。 友達の輪が、広がって、今回のような旅行になったんだけど、縁って、不思議。 私が、彼女を頼って行かなかったら、今回のような事は、おこりませんでした。 大変だけど、ある意味エクサイティングな出来事ですね。
  • 2010-05-20 20:03
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C1478]

☆mimakaさん
楽しいのは、半分、後は、義務感よ。 8日間どうなるかと思ったけど、雨で間に2日間の休憩が入ったので、何とかなりました。 昨日の大雨の中二人は、山陽本線に乗って、広島に出て、駅から広島城まで歩いて行って帰ったそうな。 ずぶ濡れ! 良くやるよなぁ~。 私は、ごろごろしてた。

普段は、しっかり山口県人よ~。 だけど、65歳までに、2回は、海外旅行を予定してます。もちろん一人で行きます。 私が英語をしゃべると思う人は、居ないみたい。 そこらへんの田舎のオバサンだからね。

基本的に、しゃべくりまくってたのは、私とアンネリースで、亭主たちは、ドイツ語も日本語も喋らず沈黙よ。ウフッ。 特にうちの殿は、外人は、英語が、頭にインプットされてるのか、(スターウォーズ)を日本語から英語にワザワザ変換してあげてた。 結果二人ともチンプンカンプンよ。 ワハハ。 まるで、漫画よ~、二人見て笑っちゃったわ~。
  • 2010-05-20 20:20
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C1479] hana

藤色のアンさん、お疲れ様でした~
8日間を無事乗りきられたようで、さすが藤色のアンさん!って思いましたよ~
藤色のアンさんの若いころは・・・無鉄砲極まりないなあ!(笑)
ホントよくやるな!って驚くやら、感心するやら・・・
外国語が話せるって強みですね。
60過ぎた叔母様が英語ぺらぺらというのはカッコいいな~
アンネリースさんとぺらぺらと懐かしい話で盛り上がってる場面を想像しました。
ふふっ、ご主人方の様子も目に見えるようで・・・私も笑っちゃいました~

[C1480]

☆hanaさん
ねぎらい頂きありがとうございます。 まだ明日の宮島行きが残っています。 流石に歩きなれた二人です。 運動不足の私は、筋肉痛になりました。

若い時の私ときたら、向う見ずで、目的地しか見えて無かったみたいです。 幸運にも何のトラブルもなく過ごせました。 色んな人に助けてもらったのも日ごろ見かけない日本人の女と言う事で珍しがられたからかも知れません。 
英語が話せるのは、何よりも心強いですよ。
今回のように集中して英語を話すのは、脳が疲れます。 仕事を辞めて3年、最近は余り英語を使う事もありませんから。 亭主たちのぎこちない様には、笑わされました。 写真撮っとけば良かったなぁ。
  • 2010-05-21 00:10
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C1481] お疲れ様~~

観光案内お疲れさまでした~(笑
それにしても若い頃のアンさんて行動力有るのみ!!だったのね~!!
ワタシも似ている部分が有るけどスケールが違いますわっ。。。。
お客様達は楽しまれた事でしょう。
天気も回復してイイ季節ですものね~
お疲れさまでした。

ワタシも今年は飛び立ちたいわぁ~~~
色々と候補は上がっているんですけど。。。。
さて。。。。どうなる事やら。。。。

日曜日まで留守になります。
孫姫の運動会でお泊りして来ま~す♪
  • 2010-05-21 00:33
  • Ba*Ba
  • URL
  • 編集

[C1482]

☆Ba*Baさん
一応今日の宮島で観光案内は、無事終了しました。明日、新幹線に乗せたら全部終わりです(ホッ)。

私は、地味で目立たないのですが、やる事は、突飛な事が多く意外性でビックリされます。 やりたい事は、人が何と言おうと、どう思おうと、ヤル!と言うのが、基本です。 昔の事は、今は、笑い話です。 その時は、必死でしたね。

私は、観光は、二の次で、友達の居る所に行きます。 その友達も世界中(は、ちょっと、おおげさ)にいるんですよ。 だからお金があったら行きたい所は、限りがありません。 Ba*Baさんは、どちらへ?
  • 2010-05-21 22:24
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード