ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |スイスからのお客人 後編

Entries

スイスからのお客人 後編

スイスからのお客人、到着前は、9日間どうなる事かと、
心配したけれど、最初の4日間が過ぎた所で、あちらから
毎日案内しなくて良いからと、申し出がありまして、実の所
あちらもこちらも60代、双方疲れておりましたので
快く申し出を受け入れて、火曜日、水曜日休養いたしました。
丁度旨い具合に雨になりました。
私は、特に何もせず、グータラしておりましたが、
流石の二人、無駄には、しておりませんでした。


火曜日は、午後遅くから雨。 ホテルの近くを散策
したらしいです。 そして、水曜日、朝からの大雨の中
電車で広島まで出て、徒歩で広島城まで行ったそうな。
もちろん、ずぶ濡れ。 ホント、良くやるよなぁ~。
スイスの人は、大体、これぞという事には、大金はたきますが、
とことん節約に努めます。 そして、日ごろから、良く
歩いています。 ちょっとやそっとで、泣き言は、
言いませんし、とにかく元気です。 そこへ持っていくと、
私なぞは、なってません。 すぐ疲れます。


さて、2日間の休養の後、案内開始です。
10時過ぎ、市内のホテルまで、連れに行き、
この日は、いよいよ私の豚小屋へ。
その日の朝まで、お尻に火がつかず、朝から
ドタバタやって、荷物をあちこちへ移動しただけです。
庭や畑を見せてから、近所へ散歩に出かけました。
田園風景にご満悦でした。 とにかく、日本は、
清潔で美しいのに感動したそうです。 特に山の多い
山口県、広島県を気に入ったようです。

近所散策 

ハニーサックル 

いよいよ家の中へ。 昔スイスで撮った写真アルバムを見せて
しばし35~36年前の思い出話に浸りました。
私が、どう言う経緯や動機でスイスに行ったかを初めて
話しました。 若い時の私、順応性に富んでいて、
扱いがとても簡単だったそうです。


予定していた手芸仲間のOさん宅の豪邸を見せて貰いに
1km先のOさん宅へ移動。 70代半ばのOさん御夫妻は、
動じる事もなく、普通に接して下さって、話が弾んで
2時間も居候してしまいました。

お宅訪問 


電車で、市内まで帰るという二人を、2両編成の電車に
乗せて見送りました。 ホテルは、市内の駅のすぐ近く、
そのホテルを選んだのは、正解でした。



残るは、金曜日、最後に残しておいた宮島行き、お天気も
何とか回復しましたが、それまでの快晴とまでは、
行かなくて、うす曇りで、蒸し暑い。
電車に乗って、フェリーに乗り換え、いざ宮島へ。
彼らは、スイスから3週間のレイルパス(一人
6万円)を買ってきていましたので、JRのみ
どこへ行っても、どれだけ乗っても使えるし
一々切符を買わなくても良くて、スイスイでした。


宮島3 

宮島1 

宮島2 


疲れたら早めに切り上げようと思っていましたが、とても
気に入り、あちこち歩き回りました。 只、昨夏のシドニーからの
若いカップルとは、違うので、ロープウエーで頂上までは、
止めにしました。 お店を見て回るだけでも、相当の
面白さです。

魚 


心配だった9日間もあっと言う間に過ぎ去り、土曜日、いよいよ
お別れの日が来ました。 3人とも、体調が悪くなる事もなく
午前11時前の新幹線で福岡空港に向けて、再会を約束して
去って行きました。 風と共にと言う感じで・・・
近い将来、スイスで再会と言う目標が出来て、又頑張って
元気に過ごします。 彼らは、今頃、万里の長城に行って
居るはず。 その後は、列車でシベリアを2週間かけて
走り続け、モスクワに向かいます。 全行程、5週間の
長旅です。 夫婦揃って、旅の出来る二人が少し
羨ましいかも。 

見送り


↓ 宮島で買いました。
下駄 


以下は、懐かしき35~36年前のスイスで撮影した写真です。
皆20代~♪♪♪
Zugにて 
オスカー宅 
結婚式 
祝い品 





******

お土産ネックレス


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/288-498e60fc

トラックバック

コメント

[C1483]

藤色のアンさん、9日間お疲れ様~!!
途中中休みもあったりして、無事に大役を務められたご様子
やはり藤色のアンさんならではだなっ~て感じ入ってます。
それにしても・・・スイスからのご夫婦はなかなか行動的な方ですね。
全行程5週間の旅と聞き、そんな旅ができることを羨ましく思う反面
そんな長い間を旅先で元気に過ごせるかなあ・・・と自分を当てはめてみたりしました。
すぐに疲れを感じてしまう自分にはとうてい無理そうです。
若い時から身体は鍛えておかないといけないなって今更ながら思います。
藤色のアンさん手作りのお土産は送って差し上げるのかな?
若いころの思い出がつまった写真、そして思い出話・・・なつかしさといっしょに元気を頂いたことでしょう。
私も、懐かしい場所、懐かしい人に会いたくなったな。

[C1484]

お疲れさま~♪
何もかもが羨ましいなあ~。
それもアンさまの若かれし頃の好奇心と行動力の賜物ですね。
私のセコイ根性とは全然違うわ!
今度はこちらからスイスに行く番ですね。
早めじゃないと体力が持ちませんよ~。
5週間、健康ならではの旅ですね。
楽しく過ごしてくれてとってもよかったわね~~♪

[C1485]

☆hanaさん
案ずるより産むが易しと、言うように、過ぎてしまえば、マアマアだったと思いますが、到着前が一番緊張しました。 9日間の私の体調が一番の心配事でしたね。 5週間の旅なんて、私には、考えられません。 若い時(20代)には、いつ終わるともわからない旅の連続でしたが、やはり若さですね。
今の私は、家が一番です。 どこかへ出かけても、家が一番。
アンネリースとは、昨年会ったのが最後の如く、しゃべり倒しましたね。 しゃべり疲れました。 (アハハ)
  • 2010-05-24 19:45
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C1486]

☆mimakaさん
終わりました~。 無事に終わって良かった。
とても喜んでました。更に日本が好きになったみたいです。 次は、私のスイス行きですが、ドイツにも友達が居るので、引っかけて行きたいと思っています。 家庭があると、行く前は、ユーウツ気分に陥ります。 行っちゃえば、独身貴族気分。

今も好奇心とその気になれば、行動しますよ。 殿と息子には、気の毒だけど、やりたい事は、遠慮せず、我がまま通すつもりです。 今年もどこかへ出かける予定にしています。
そちら方面にも出かけたいものです。 実は、スイスの友達が東京で滞在した人、私もシドニーで40年前に会った事あるのですよ。 アンネリースにメルアド貰って、メールを出しましたら、返事が来て、どうも私のスイス人の友達(他の)ともダブってます。 東京に行ったら、会いましょうとの事です。 輪が、更に広がります。
  • 2010-05-24 19:54
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C1487]

15日に到着してからなんだかあっという間だったね~。とても楽しんでおられるのが伝わってきましたよ。昔の写真と今を比べて時の流れを感じた。
藤ちゃんの青春時代、いろんなことがあったんだね。再会できてよかったね♪
人生ってほんとにいろんなことがあるんだね
また逢えますように~♪
  • 2010-05-25 21:32
  • アン
  • URL
  • 編集

[C1488]

☆アンさん
15日到着予定のはずが、14日になっちゃって、1日増えちゃった。 初めどうなるかと思ったけど、その内に慣れてきて(私って順応性ある?)マア何とかなりました。 でも、1日1か所に限定でした。 お互い60代だから、疲れ具合も同じと見え、それに間で2日間良い雨が降ってくれました。 昨夏に来た若いシドニー組の2日間より楽でした。

誰でも、長い間には、色々な事があると思うけど、私の場合、青春時代にちょっと忘れられないような出来事があったと思います。 その他は、何となく過ぎて、余り色々覚えていない位です。

今回アンネリース達が来て、消息の知れなくなっていた他の友達とも連絡が取れました。 eメールと言う便利な物もありますからね。 2-3年内には、スイスに行きたいと思います。 その前に節約です。
  • 2010-05-25 22:38
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C1489]

アンさん、お疲れさまでした。
無事大役を果たされてほっとなさったでしょう。

やっぱアンさんは凄いです。
20代のご縁を大切に繋がれて、それもスイスの方と。。。

海外に行った経験がない私は感心するばかり、
そして山荘のご主人に一票です(笑

お二人とも若々しくて溌剌とされてますね。
健康で好奇心も旺盛なんでしょう。
普段は倹約して一緒に海外旅行、そう言うのがまた良いですよね。

今度はアンさんがスイスにいらっしゃる番ですね。
目標が出来ました、元気でいなくちゃですね。


[C1490]

☆こまははさん
ねぎらい頂きありがとうございます。 何とか無事に楽しんでもらう事ばかり考えていました。 過ぎてみれば、あっと言う間の9日間でした。 日本をとても気に入って去りました。 日本は、とても美しい国(いつか元首相が言ってましたね)だそうです。 そして、どこに行っても親切にして貰ったと、喜んでいました。

殿は、私が、自由に動けるように山荘に行っていてくれました(感謝)。 でも、私が、2日間泊らせると言った時には、ギョッとしてました。 彼なりに気を使ったと思います。

スイスのお客人、シベリア鉄道に乗っている事と思います。 元気いっぱいの二人です。
本当に、私がスイスに行けて、再会できると良いな。 スイスには、もう二人友達がいますから、是非行きたいですね。 500円玉貯金で頑張ります。
  • 2010-05-26 22:57
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード