ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |オスカーとリタ - スイスからの来訪者

Entries

オスカーとリタ - スイスからの来訪者

時が、飛ぶように経って行きます。 然も、ドンドン速力が増してます。

そして、鞭打っても、融通の利かない老体ですから、疲れて夜は、

ブログ更新と思いながらも、気がつけば、1週間過ぎてます。

ブログのネタは、取ってあるけど、時の経つ速さについて行けません。




そして、オスカーとリタ10月20日午後来ました!

前日朝、長崎から電話で、連絡が来て、前日は、翌日の予定が

経たないほどの忙しさでした。 それでも、もうすぐ、ババタリアンの

私、単刀直入に、社長に『明日の午後、スイスの友達夫婦が、

岩国に来ますので、午後、休みを下さい』と、言いました。

社長、アッサリと、『良いよ』。 ありがたい事です。




前夜、オスカーから、家に電話があり、広島着が、11時33分だから

どうしたらいいかと言うので、こだま743に乗ったら、16分

で、岩国着だから)
と、言ったら、(1時間も待つのか?)と、

不満そうなのが、気になっていました。 何しろ、私は、12時まで

仕事です。 銀行へ寄ってお金をおろして、辺鄙な所に位置する

新岩国駅に駈けつけました。 行ってみたら、意外な事に

駐車場が、結構満杯状態。 遠くに空いていた所に停めて

駅構内に着いたら、丁度列車が、到着しました。



12時37分、待てど暮らせど、外人なんて出て来やしない。

あんだけ必死こいて行ったのに! 何しろ、こだまなんて

1時間に1本ですからね。 ヤレヤレ、1時間待ちかいなと、

待ちながら、腹が、立ってきました。 ローカル線に乗るなと

念押しすべきだった~~。 連絡の取りようもないし。

ハラワタ煮え繰り返り始めた30分後に携帯に電話。

(岩国駅に今着いたよ~~)
って。

私、絶句。 岩国駅と新岩国駅は、20kmくらい離れてます。



こだま発車まで約50分、岩国行きを探したら、すぐあったので

乗ったんだって。 そしたら、ほぼ各駅停車状態で、1時間

かかったらしい。 私、怒り狂って(?)

(20分くらいかかるけど、そこ動かないで待っとけ~!)
と、

叫んで、車をぶっ飛ばして行きました。




日本には、10月8日に着いて、東京、名古屋にいる日本人の

友達に会ったり、自分たちであちこち行きながら、岩国を

素通りして、鹿児島まで行き、引き返しながら、私の居る

岩国で途中下車。 言葉も通じない日本を旅する彼らは、

大したものです。 日本人の友達全て(私を含めて3人)

42年前のシドニー繋がりです。 オスカーと私は、

シドニー郊外の夜間の移民用英語学校のクラスメート。

奥さんのリタには、私が、26歳の時に行ったスイスで

初めて会いました。 オスカーとリタは、その頃新婚でした。




だから、今回の再会は、37年ぶり。 オスカーは、

余り変わっていませんでした。 もっとも、昔から

老けてました。 リタは、その頃しゃべれなかった

英語が、喋れるようになっていて、会話に加われて

良かった。 昨年来たアンネリースとウォルターとも

知り合いです。 なぜだか、37年間の空白を感じ

ませんでした。 

oskar rita tsu


遅い昼食(2時半)は、我が町のお隣の町にある

この辺では、有名な(山賊)で。 近くに住んでいると

余り行かないレストランですが、外人には、結構

人気のある所です。 そこで、話が、はずんで

錦帯橋に行った頃には、夕暮れが、近くなっていました。


山賊


100種類もあると言うアイスクリーム屋さんで、

アーダ、コーダやってたら、後ろにいた初老のご夫婦

御主人の方が、英語で話しかけられました。

あの年代の方が、英語で、話しかけられるのは、

この辺では、珍しい事です。  どうやら、英語の

教師をされていた方だったようです。  

(どちらの国から来られました?) (スイスです)と、

言うと、皆ちょっとビックリされますが、日本人は、

皆優しく接するとの事。 それに引き換え、中国人は、

余り人気ないようです。 

夕暮れ時錦帯橋


オスカーとリタは、結局、岩国に一泊する事に

なり、昨年アンネリースたちの泊った岩国駅前の

ビジネスホテル(グリーンリッチ)に、部屋を取りました。

何と、ダブルの部屋が、8400円です! 朝食は、

別に500円で、かなり良い朝食が、出るようです。

ロビーで、色々な思いで話に花が咲き、遅くなったので、

再会を約束して別れました。 今度は、私が、ヨーロッパに

行く番ですが、60代、今後どうなります事やら???

お土産 


何十年もの間、その時の場面が、切り取られた写真の様に

鮮明に何人もの人の記憶にとどまり、会えば、解凍して

パッとその時に戻れると言うのは、予想もしていなかったけれど、

奇跡に近いかも知れません。









雨が降ろうが、雪が降ろうが、槍が降ろうが、週末は、吉和と、

決まっています。 最近洋裁で作りたい物が、頭の中で

まとまらず、仕方ないので、ハギレで遊んでいます。

先週末は、昨年ヤフオクで買った裂き織りの赤いバッグの

内袋の修繕をしました。 買って、2ヶ月くらいたった時、

裏布が、バリバリに敗れているのを発見!

赤いバッグ2 




それは、ショックでした。 このバッグ、とっても気に入って

いたのです。 ショックとお得意の怠慢で、1年数カ月も

ほったらかし。 意を決して直す事にしました。

裏袋を外し、サイズの参考にし、紐は、新たに作るのが

面倒なので、そのまま使う事にしました。

使ったのは、バラ模様の黒木綿地。
赤いバッグ3 

1赤いバッグ 



そして、持ち手のデザインが決まらずそのままになってる

お気に入りハギレ(残り布)を繋いだトートバッグです。

トート表 

トート裏

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/379-0ec17dc3

トラックバック

コメント

[C2011]

スイスからの知人との再会
待ち合わせ場所が違ったり、ハラハラしたけど逢えてよかったね~。
藤ちゃんのスイスでベビーシッターやってたときの
話思い出した。ぶどう園での写真もみせてくれたよね。37年たってもそのときに戻れるってほんとすごい! 今度はヨーロッパに行けるといいね。
あ、100種類もあるアイスクリームやさんって
佐々木小次郎店だっけ??
どれにするか迷ってしまうよね笑
  • 2011-10-27 20:25
  • アン
  • URL
  • 編集

[C2012]

☆アンさん
ブドウ園じゃなくてサクランボ農家よ。 アンネリースの実家です。 今では、外国から安いサクランボが、入ってくるので、スイスのサクランボ農家は、殆ど廃業だそうです。 残念だよね。

100種類のアイスクリームは、正解です。 良く覚えてたね。 全く迷って、アーダ、コーダだったの。

[C2013]

今ね体験記スイス編
「サクランボ摘みの乙女」を見てきたところよ
お腹壊すほどサクランボを食べたんだったね
スカーフをした乙女の藤ちゃん、絵になってるよ
おみやげのスカーフも素敵~♪
何の花かしら?スイスの花かしら


続きは昨日気がつかなったんだけど
ヤフオクで買った裂き織りのバック修繕したんだね。とっても綺麗な赤。内側の黒のバラの布がぴったりだわ。藍のスカートにぱっちり合ってる
いいね♪いいね♪
それからお気に入りの布をつないで作ったバックも素敵だわ。
どんどん手作りしてるんだね。
私は相変わらずベットカバーのキルト
早く終わらせて違うのしたいわ
  • 2011-10-28 13:42
  • アン
  • URL
  • 編集

[C2014]

37年ぶりの再会、懐かしさで話が弾んだことでしょうね。
話すことがいっぱいあって、時間が足りないくらいだったのではないかな。
外国の友達との深い交流があったからこそ、こうしてまた再開を喜び合えるんですね。
外国で生活をした経験がある人はやっぱり違うなって思えます。

ハギレ(残り布)を繋いだトートバッグ、とっても素敵!
こうして楽しめば端切れも貴重ですね。色や柄あわせが楽しそうだな。
  • 2011-10-28 19:07
  • hana
  • URL
  • 編集

[C2015]

☆アンさん
続編は、夕べ夜中近くに書いたから、初めは、無かったのよ。 ブログを書く暇がなくて、時々お昼の時間に会社から下書き位書こうと思ってます。
帰宅してから、編集したり画像入れたりすれば良いから。 最近になって夏バテみたいな状態になって来て、仕事中も元気ドリンク飲んでもきついの。 寝不足もあると思うけど、加齢もね(笑)。
手作りは、吉和でのみやりますが、余りジャンジャンしてないのよ。 最近ミシンが多いし・・・

☆hanaさん
たったの半日でも、会えて良かったと思います。 2度と会えないかもしれないし。 印象的な出来事は、頭にいつまでも残る物ですね。

ハギレのトートは、持ち手が決まらず、今週末完成するかどうか?です。
職場で、最近良く現場事務所まで、書類のお届けが多いので、書類を入れるバッグを作ろうかなと、思っています。 100均のプラスチックのケースに入れてそれを入れるバッグをね。 そんなバッグ持ってお届けだと嬉しいんじゃないかと。
  • 2011-10-28 23:49
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード