ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |砂を噛む思い

Entries

砂を噛む思い

オットが、入院してから3週間半以上になります。 手術を受けてから2週間半以上。
次々に病に襲われて、寝たきりになってしまいました。 毎日病院に通うのが
日課になってしまい、生活が一変してしまいました。 オットの回復は、蟻の歩みの
ごとくスロー。 今では、1年先所か1カ月先も見通せなくなってしまいました。
(砂を噛む思い)と言うのをこの年になって初めて経験しています。 全ての欲が消えて
しまいました。 全ての怒りも喜びも消えてしまいました。 

最初は、只呆然としていた私ですが、苦しさを一時でも忘れる為に(断捨離)を始め
ました。 まだ冷凍庫内2個分の引き出しと本箱一個しか進んでいませんが・・・


DSC02178.jpg
 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/506-db299d68

トラックバック

コメント

[C2778]

明るい光が指しますように祈っています。
家族が具合が悪いと気持が塞いでしまって
生きてる力もなくなってしまう
平凡な生活が一遍して毎日つらいことばかり

そんななか、お庭のラベンダーでスティック作ったんだね。香りが気持を落ち着かせてくれるね。
刺繍もいつのまに作ったの?
柿渋染めに刺繍、フジちゃんらしいとても素敵なのができたね。
フジちゃんの気持が殿に届きますように
優しい時間がつづきますように
  • 2015-06-30 15:04
  • アン
  • URL
  • 編集

[C2779]

なんとなく感じでおりました。
やはりそうだったんですね…。

偶然他のネット友さんのところでも、ラベンダーがアップされてました!
時期なのかな?
刺繍も可愛いです♪
本箱一個分片付けられたなんて、凄いですね!
  • 2015-06-30 19:08
  • ameri
  • URL
  • 編集

[C2780]

☆アンさん
いつもありがとう。心が折れそうになる時に支えになってます。

手作りは、する気になりません。ラベンダーは、5月に作りました。小さな籠に入れて病室に持って行ってあります。刺繍は、1年位前に作ったものです。 何も手に付かない時が殆どです。

[C2781]

☆ameriさん
突然こんな事になっちゃって、心の準備が出来てなくて、どうしようもありません。
何も手に付きませんが、何かしないとと、あせっています。本箱の中から主人の物を全部捨てました。で、外にあふれていた私の本を入れただけですから、大した事は、ありません。ラベンダーは、庭で出来た分150本位を5本のスティックにしていました。今は、病室にあります。
  • 2015-06-30 19:59
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C2782]

どうなさったのかなと心配しておりました。
ご主人様、手術をなさったのですね。
今まで本当にお元気でアウトドアを楽しまれてた方なので
藤色のアンさんも簡単には受け入れないようなお気持ちでしょう。
でも、ご主人様はそれ以上に悔しい思いでいらっしゃる・・・
まだしばらく入院が続くようですが・・・
どうぞ希望を持って明るい気持ちで寄り添ってあげてくださいね。
いつも前向きにエネルギッシュに過ごしてきた・・・
これが藤色のアンさんですもの
お元気を出して今までと変わらず、藤色のアンさんらしく
楽しい時間も持ちながら過ごして頂きたいなと思います。
我が家のラベンダーも今年は綺麗な花穂をたくさん咲かせています。
私も藤色のアンさんに倣って、この雨が上がったら
久しぶりにラベンダースティックを作ってみようかな。
細手のリボンが幾つかあるのでやってみますね。
奇数本で作るんでしたよね。
作り方を思い出さなくては・・・



  • 2015-07-01 06:38
  • hana
  • URL
  • 編集

[C2783]

☆hanaさん
コメントありがとうございます。 人生最大のピンチです。手術も出来るかどうかわからなかったのですが、それを乗り切った直後に又違う病が襲って、希望は、持てない状態ですが、少しでも楽に過ごせるようになって欲しい、それだけです。 周りの友達が、私が倒れないようにと気遣ってくれて何とかなっています。 オットは、前の面影は、皆無程具合が悪くて、可哀想です。 

ラベンダースティックは、私は、22本か33本で作っています。 うちのラベンダーは、もう、終わりました。バラの2番花が、蕾をたくさんつけていますが、無事に咲いてくれるかどうか・・・ 畑や庭には、少しは、癒されています。
  • 2015-07-02 17:21
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C2784]

藤さん、お辛いですね。。。。

平成元年のことですが、うちの主人も生きるか死ぬかの大病を患いまして、ほんとに大変でした。

真っ暗のトンネルの中にいたあの頃、何が辛かったって、出口が見えないことかな。。。

一番辛いのは当事者に違いないけど、支える方の
しんどさはよく分かります。

どうぞご無理のありませんように、藤さんが倒れては大変ですからね。
甘えれる人にはうんと甘えて、少しでも楽してくださいね。

  • 2015-07-04 16:52
  • こまはは
  • URL
  • 編集

[C2785]

☆こまははさん
ありがとうございます。 こまははさんの御主人がそんな大病をされたとは、想像もしていませんでした。
うちの主人は、元気印の人でしたから、それが、仇となりました。 きつくても、我慢して何も言わない人だったのです。 本当は、昨年の夏場に山の家に行って作業した時きつかったみたいです。 せめてその時に言ってくれたらと、今更ながら、気付いてあげられなかった事が悔やまれます。

毎日病院へ行って、手を握り合って暗黙の内に二人で無念さを感じています。こうなったら、最後まで苦痛の無いように過ごさせたいです。

事情を知った友達や近所の方々に励まされ、本当に感謝しながら毎日を過ごしています。

返信が遅れて申し訳ありませんでした。
  • 2015-07-05 22:29
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード