ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |価値観/感じ方

Entries

価値観/感じ方

今週土曜日にオットの納骨祭(神式)を予定していましたが、どうやら台風の
影響で、テンヤワンヤの毎日です。 土曜日は、早くから(曇りのち雨マーク)が
出ていて、今夜、宮司様と連絡を取り、28日(月)に変更になりました。
そうすると、色々な影響が出て、それでも、無理を聞いて貰い、納骨堂を開けて
入れて貰うのに、お墓屋をしている従妹の所から従弟を男手としてお願い
しました。 最近良く晴れた日々が続いていたのに、行事のある時に限って
台風接近、雨の予報。 今夜から土曜日まで雨マークです。
納骨堂の事を神式では、奥都城と言います。墓にも、名字の後に奥都城と
書いてあり、お墓に行くたびに一体何と読むのだろう?どういう意味なのだろう?
と、24年間思っていました。 今回ネットで調べて初めてわかりました。

読み方は、オクツキと読み、意味は、奥深い外部から遮断された境界、つまり
お墓の事らしい。 奥都城と奥津城の二通りあり、都の方は、先祖が、宮の
仕事をしていて、津の方は、一般の信者の事なんですと。初めて知りました。
でもね、お墓屋さんをしている従妹は、嫁いで45年になるのに、何にも御存知
ないのです。 お通夜やお葬式の時に神式なのに、神妙に数珠を出して
拝もうとするのです。それに、納骨祭の前にお骨をお墓に入れても良いよと
言うのです。じゃあ、何の為に、納骨祭を取り行うの? で、ネットにお聞き
しました。

ネットは、何でも良く御存じです。先日、お墓の掃除全般もお願いしていたの
です。 私は、用事で他所にいた時に、電話がかかってきて、ろうそく立の
風防が、ろうそくの火で歪んでいるから、取り替えようか?1対で、1万2千円
だからって。 10cmX15cm位のプラスチックの風防が付いていたのですが
私がお参りしてろうそくの火を消さずに帰ったものだから、歪んでしまったの
です。 (チョイ待ち!高すぎだから、取り替えなくても良いわ)と、とっさに
言ってしまいました。従妹曰く(月千円ずつ貯めれば1年で払えるよ)。
そんな問題じゃないのです。私の価値観でいえば、あんなチッポケな風防
に1万2千円は、高価過ぎるのです。それでなくとも、墓の掃除代が、4万
4千円弱かかるのですから。 向こうも意地になって、店にあった樹脂製の

風防を翌日無料で取り付けに来ていました。 ネットにお聞きしたら、1対
1700円~2000円では、ありませんか。ガラス製でも、6千円くらい。

従妹とは、同い年ですが、価値観や考え方が、180度違います。どちらも
良い年をしているからか、生まれつきなのか頑固です。日本人と西洋人の
様に違うのです。勿論私が西洋式。 最近知ったのですが、小さい時から
母方の祖母が、私の事を勉強が良く出来ると彼女に言いまくっていて
ライバル意識があったようです。私は、何とも思ってなかったのです。
生涯好きなように生きてきた私と、実家(墓屋)の事を思って、24歳で
墓屋に嫁いだ彼女に接点は、それ程ありません。
それにしても、何だかんだを親せきや知り合いに頼むと、何かと大変
なのは、知っていたはずだのに、今回限りで、これからは、赤の他人に
お願いする事にしました。

今年は、オットの病他で、畑も庭も垣根も何にも手が付けられません
でした。それなのに、玄関前の庭(大ジャングル)を見て、先日訪れた
友人は、(マア、お花が、きれい♪)と言い、ある方は、(イングリッシュ
ガーデンだ♪)と、おっしゃいます。 で、ある方は、(どうしたの?この
庭は?ゲッ)、ある方は、顔をしかめられます。
私の好みは、もちろんイングリッシュG。今は、足を一歩も踏み入れる
事は、出来ません。
DSC02251.jpg 


愚息は、軽トラが好きです。そして、私のDNAなのか何なのか?
部屋にこもって、軽トラに貼る切り絵作りに没頭です。大抵の人は、
彼の軽トラを見て、顔をしかめます。 然し、たったの数人ですが
(素晴らしいじゃないの!天才だ)と、おっしゃいます。私も、顔を
しかめるのですが、出来栄えには、ニンマリの時もあります。
DSC02249.jpg 


先日必死で畑を作って植えつけた白菜28株。今年は、種まき出来ずに
お店の苗を買ってきました。実は、来年以降もそうする予定です。
何しろ年には、逆らえませんから。虫にやられないようにネットも必死
こいてかけました。ああ、何と言う事か!ネットが、1m位足りません。
倉庫から細切れネット数枚を探し出して来てパッチワークみたいに
何とか取り付けました。既製品枠付き2千円を買う手もあったのですが。
DSC02242.jpg 



白茄子が又生り始めました。肥料不足で大きくなりませんが、白いのは、
可愛いです。
DSC02243.jpg




昨日、お友達のFさん宅に息子と畑用に使う細竹を頂きに行って来ました。
息子の趣味の良い?軽トラに積んで運んで貰いました。家で、グータラ
やってる息子が、鋸で竹をジャンジャン切って、プロみたいに軽トラ上の
竹の山を縛るロープかけをするのを見てスッカリ感心してしまいました。
Fさんの御主人に(美男子だね~)と、言われて良い気分になった息子
でした。 
DSC02248.jpg 


大きめの竹は、古い物干し竿の木が腐って折れているので、竿替わり
にして、葡萄棚になりました。残った大きめの竹は、小さく刻んで、
染物に使用する予定です。
DSC02247.jpg 


先述の従妹が、私の手作りが欲しいとの事で、先週から作って居たのが
仕上がりました。全部手縫いです。ミシンを出すのが面倒だったので。
50cmX80cm位。
DSC02256.jpg 





 
サラバンド
DSC02238.jpg 


紫式部
DSC02239.jpg 


フジバカマ
DSC02245.jpg

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/516-5b9b4d59

トラックバック

コメント

[C2816]

納骨がすむとひと段落
息子さんがいろいろ手伝ってくれてよかったね
トラックに貼ってあるステッカーなかなかカッコイイではないの! ああいうのってネットで売れるかも
車に貼ったらワンポイントでお洒落だわ

庭は今は草が生えて通れないみたいだけど
すこしずつ藤ちゃん好みのお庭にできるから
これから楽しみね

落ち着いたら遊びにいきたいわ~
  • 2015-09-24 10:29
  • アン
  • URL
  • 編集

[C2817]

☆アンさん
息子は、今朝6時起きで仕事に行き始めましたが、雨の予報なので、土曜日休む予定だった納骨祭の日が、月曜日になり、少し心配です。
納骨祭が済むまで、気が気では、ありません。
オットが亡くなってソロソロ50日、前の悲しみとは違う悲しみが夜寝る前とかに襲って来て考え込んでしまいます。時間がかかりそう。

ジャングル庭は、冬が来るまで、どうしようもありません。従弟に草刈りとか手伝ってもらおうと思っていたけど、一人では、どれ程も出来ず余計日当がかかるので、知人の友達のプロ(親子)に頼んで果物の木も、邪魔なモミジも全て何年も手を入れなくても済むようにして貰う事になりました。日当が、プロと従弟で、2千円しか違わないのは、どういう事かしら?
赤の他人のプロに対しての方が、好き放題言えるのが良いです。
リフォームが済んだら遊びに来てね。庭は、ジャングルのままだと思うけど・・・ 
  • 2015-09-24 15:01
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C2818] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2819] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C2820]

☆鍵コメさん
いつも励ましてくれてありがとう。感謝しています。 最初の一年間は、やはり辛いと思います。2年目に入ったら、大丈夫になりそう。未だ50日弱だから仕方ないよね。 従姉妹のおせっかい予報で、今日は、雨の予報だったので、月曜日に変更しました。今日は、カンカン照りの良いお天気。月曜日に雨が降りませんように。

ステッカーどんなのが良いのかしら?作ってあげるそうです。息子は、ネットで画像を探して、カッターで切り抜いています。切り絵と同じ手法だと思います。
  • 2015-09-26 09:42
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

[C2821]

軽トラ・・・楽しそうですね。そして、お洒落です!
こんな車が走ってたら、きっと注目の的だわ。
鋸で竹をジャンジャン切る。
プロみたいに軽トラ上の竹の山をロープで縛る。
なかなかの仕事人ですね、息子さん。カッコいいわ。
息子さんがいろいろ手伝ってくれて頼りになりますね。
納骨祭はもう終えられたのかな。
少し荷が下りましたね。
悲しみや寂しさはなかなか埋まらないと思いますが
少しずつ少しずつ前に向いて歩んでくださいね。
藤色のアンさんのお元気な姿こそがご主人様への供養となりますもの。
  • 2015-10-01 23:06
  • hana
  • URL
  • 編集

[C2822]

☆hanaさん
息子の軽トラには、主人と共に顔をしかめていました。どの車を買ってもスティっカーを貼りまくるのです。今では、お手製です(苦笑)。どこに停車していても(アイツだ!)と、見つかってしまいます。
あんまり頼りには、なりませんが、主人が居なくなった後では、家で一人きりでないのが、助かります。
今年は、ずっと1人で突っ走って来ましたが、少しずつ静かに過ごせるようになりました。秋が来て、その内冬が来ると、辛さがもっと募りそうです。友達が声をかけてくれるので、感謝です。
  • 2015-10-02 20:03
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード