ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |癒しと縁の旅 III

Entries

癒しと縁の旅 III

2日目の夕方、東京駅まで送ってくれた茨城の友達と別れ東海道本線に乗り、mimakaさんの待つ神奈川県へ。 約50分の電車での移動時間が、やけに長く感じられました。
便利な世の中になり、発車時刻もリアルタイムで携帯で報告できます。 mimakaさんにお会いするのは、初めてでした。 例の手作りの絣模様のワンピースを着ているからとのことでした。 

すぐわかりました。 そして、一緒に車の所へ歩いていく時には、長年の親友と話している感じでした。
彼女のお宅へ直行しました。 階下のご老人さまにご挨拶して、2階へ上がり、そしてmimakaさんのミシン部屋へ直行。 そこは、手作りする人共通の同じニオイのする癒される空間でした。 そこで、しばし手作りの一談義。 夕食は、名物のシラス丼。 初めて口にしましたが、とっても美味でした♪

旦那様も交えて楽しい会話が続きました。 その後は、夜中まで手作り談義がマタマタ続きました。 無理矢理止めて私の泊まるホテルへ連れて行ってもらいました。 丁度3連休の初日だったので、ホテルが中々取れなかったようです。 全部人任せの私です。

翌朝は、10時のチェックアウトに合わせて迎えに来て頂き、近くの手芸専門店ユ○ワヤへ。 田舎には、大きな手芸店がなく見る物全て欲しくなって困りました。 散財してしまいました。 

午後2時に約束していた隣の市にすむMさんご夫妻の家へ向かいました。 この方たちは、私の住んでいる岩国市から引っ越された方たちです。 奥様とは、一回りも違いますが、20数年前からの知り合いで、とても仲良くしていた方です。 住み心地のよさそうなマンションのお部屋には、奥様の作られた手作り品が満載。 鉤針編みと樹脂粘土の作品が所狭しと並んでいて、mimakaさんも私も興奮しちゃいました。


画像は、若かりし日のご夫妻と奥様手作りのコスモスなどの樹脂粘土の作品です。

 1969 - 1973051  1969 - 1973052

 

手作りをする者同士は、すぐ仲良くなります。 これからは、mimakaさんとも交流が始まるかも知れません。 こうして友達の輪が広がるのを見るのは、嬉しい事です。



 

 

 

夕食は、一緒に作る事になりました。 旦那様は、ゴルフツアーに出かけられましたので、よそのお宅で羽をのばしてしまいました。 その位居心地の良いお宅なんです。 翌日は、敬老の日なので、優しいmimakaさん、階下のご老人様の為に五目寿司を作って差し上げました。 女二人で、台所でアアダ、こうだと言いながら、お料理し食しました。 女姉妹のいない私には、姉妹のような感じがしてホンワカ気分でした。

 1969 - 1973054 

 

いよいよ翌日は、メインイベント (鎌倉散策)です。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/53-24a58209

トラックバック

コメント

[C217] No title

フジちゃん
mimakaさんと意気投合、一緒に五目寿司を作ったのぉぉ~
すごいね、どんどん友達の輪が広がっていく♪
ブシちゃんは誰ともすぐに仲良くなれる
これは天性のものと思います
私と初めて逢ったときもすぐに仲良くなれたね
殿も一人旅を許してくれてよかったね
これからは今までできなかったことたくさんできそう!!
私も出来る範囲でがんばるからね
  • 2008-09-19 18:21
  • アン
  • URL
  • 編集

[C218] No title

疲れても思い切った旅の実行は一生の思い出になりますよね。
私も人生後半にこんな出会いがあるとは夢にも思っていませんでしたよ~。かんぱ~いv-237

[C219] No title

☆アンさん

やっぱりネットで交流していると、初めて会っても長年の友達みたいに感じるのよね。 アンさんとも意外とすぐ出会ったよね。
アンさんこそ、誰とでもすぐ仲良くなれて、私も臆せず近づけたよ。
私は、本来臆病なのよ。 縁あって、知り合いに成り、今では、なくてはならない友達になりました。

殿は、なんで気が変わったのか知らないけど、感謝しています。
アンさんも出来る範囲で楽しくやってね。 秋には、又会いましょう。

☆mimakaさん

私も友達は、一杯いるからもう良いわと思っていたけど、新しい出会いも又楽しです。 mimakaさんが、私のブログに書いて下さらなかったら、関東地方行きは、なかったと思います。 感謝です。
思い切って行って良かった♪
  • 2008-09-19 20:51
  • 藤色のアン
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード