ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |北朝鮮ミサイル発射訓練

Entries

北朝鮮ミサイル発射訓練

後のジャロジー窓から防災無線のお知らせが聞こえて来た。15時から訓練をしますって。 15時きっかりにサイレンが2度ばかり鳴り、(北朝鮮から、ミサイルが発射されました! 頑丈な建物か地下に避難して下さい!)。以上を2度ばかし繰り返す。こんな田舎に頑丈な建物は、ありません。地下室の有る家もないでしょう。避難所に指定されている場所は、歩いて行けるような場所では、ありません。先日他の場所で訓練する様子をテレビでやっていた。お年寄りが、避難しないと言っていた。

私も同感。一応窓から遠ざかってみたけど、家の前後に窓や戸があるので、台所の流しの所にしゃがんでみた。どうみても、実際起こったらアウトだ。72年前の防空壕の方がマシな気がする。こんな緩々訓練で良いのだろうか。 


2日前、我市のF市長は、厚木基地から岩国基地への艦載機62機を受け入れると発表。続いて、周辺の町の2人の町長も受け入れると発表。国からの命令だろうから、反対は、出来なかったと思う。今色々な問題噴出で苦境に立たされている我県選出の首相、実は、私達の選挙区ではないので、私達が選んだ訳では、ありません。我県は、自民党王国です。自民党が一番と思っている高齢者が多いのは、確かです。不安が募る毎日です。


小林痲央さんが、亡くなり、報道を見るたびに、夫の最期の頃が、嫌と言うほど蘇り、苦しい毎日が続いています。傷ついた心は、100%回復する事は、無い様な気がする。海老蔵さんの悲しみは、いかばかりかと赤の他人の私も心配になる位です。



庭や畑には、慰められています。とりわけ緑には、癒されます。

↓ 吉和から持ち帰った山アジサイたち

DSC04573.jpg


DSC04576.jpg


DSC04614.jpg


IMG_20170627_112014.jpg



↓ 昨年植えたエキナセア

DSC04612.jpg  IMG_20170627_111953.jpg


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/581-148d865e

トラックバック

コメント

[C3120]

防災訓練こちらも近いうちにあるみたい
頑丈な建物は近くでは高川学園だけど
家から歩いて10分くらいなのでミサイルが発射されてから間に合うかどうか。
せめて窓ガラスのないところに避難するくらいかも。藤ちゃんとこは岩国基地に近いからこちらより緊迫感があると思う。
防府にも自衛隊の基地があるからちょっと心配
戦争になったら大変なことになるね
平和に暮らしたいね
麻央ちゃんの訃報は私もつらい記憶を蘇らせる
母が甲状腺のがんで死去したので最後のことなど思い出して悲しくなるの
ましてや34歳で幼い子どもを残して逝ったこと
やりきれない想いがします。
海老蔵さん二人のお子さんをこれからお母さんの分も愛して育てていくのでしょうね
麻央ちゃんも家族のこといつも見守っていると思うからがんばってほしいね。

やまあじさいたくさん咲いているね
ほんとに癒やされるわ
赤いのは紅かしら
ずいぶん大きくなったのね
家にもあるけどまだちびっ子です。
  • 2017-06-28 08:02
  • アン
  • URL
  • 編集

[C3121]

☆アンさん
岩国市は、一斉に訓練やったみたいです。夜テレビで町中の人々にインタビューしていたけど、聞こえなくて知らなかった人が、9割位でした。週中の午後訓練するなんて、公務員のする事だなぁと、思いました。せめて、土日に家族が揃っている時にやったら良いのにとも。 7月から艦載機の移転が始まるけど、10年前から知ってた事だけどね。米軍家族住宅も町中に出来たし、軍が使用する運動場など施設も出来上がってるし。白々しく発表したのが、馬鹿みたい。
何事も無ければ良いけど。

麻央さんの事、自分に置き換えてズッシリ来た人は、多かったかも知れないね。幼い子供さんは、可哀そうだね。

そう、紅です。2本地植えにしたら、あっと言う間に大きくなりました。山アジサイは、普通のアジサイに比べれば、株が凄く大きくはならないのが良いね。でも、吉和では、凄く大株に成ってた。
  • 2017-06-28 18:11
  • 藤色の庵
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード