ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |約半世紀の縁(えにし)2

Entries

約半世紀の縁(えにし)2

最近、気候の変化が著しく、旅行の疲れや暑い寒いに、体が付いて行けなくなって、体調が下がり気味。 暑さ寒さの激しい時に体調がすぐれない事を寒暖差疲労と言うらしい。私は、老化が酷くなったのかと思う位調子が悪く、めったにしない昼寝をした位だ。 シドニーも春先で、朝晩は、13度、昼間は、24度~26度で、滞在中は、殆ど天気が良くて、暑い位だった。 日本を発った時も帰国した時も同じような天気で、夏服を着ていても汗だくになったりした。マア、旅行中は、不慣れで、冷汗も大分かいたけど・・・

旅行記を記したいと思いつつも、中々纏まらず、苦戦中です。 旅行日を含め8日間の旅だったけれど、5泊6日と短く、プラン無しで行き、午前8時半にシドニー到着後、ホテルに荷物を預け、友達の持参したシドニー市内の地図を片手に徒歩で、ダーリングハーバーにあるビジターセンターへ向かった。 市内を巡る24時間乗り降り自由バス(約$40)、シドニー湾クルージング(約$35)、ブルーマウンテンの乗り降り自由バス($40)を予約した。 5泊6日の間に、約半世紀の縁の方々に会わなくてはならず、中々大変だった。 

道を間違えながら、宿泊先のRydges World Square Sydneyに戻り、14時半頃チェックイン。 持参した荷物を広げ、暫し休憩。 夕方ホテルの部屋から市内在住の知人に電話しようとしたら、かからない。持参したスマホで昭子さんに電話する。急に連絡したにも関わらず、快くお招き頂いて、6時半頃にボンダイジャンクション駅で待ち合わせする。 お会いするのは、実に44年振り、私の事を憶えていて下さっただけでも感激だ。 ホテルと同じ一角に大きなスーパーがあり、翌日の朝食や果物、水等の買い物に行った。 タウンホール駅まで地図を見ながら10分の所を曲がる所を間違えて、逆方向へ進んでいた。 後日も何度も間違えて目的地まで相当な時間のロスが、あった。 それでも、2人だから、心強く、笑い飛ばして終わり。

↓ 5泊したホテル

DSC05267.jpg

↓ 中々良い部屋だった。ホテルについては、後日書きたいと思う。

DSC04972.jpg

↓ 44年間の空白など微塵も感じなかった。真ん中が昭子さん。

DSC04974ぼかし入り

今日のブログ内容は、大した事ないけれど、真夜中の1時になったので、約半世紀の縁(えにし)3を後日書きたいと思う。 

 



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/591-8a885571

トラックバック

コメント

[C3179]

44年ぶりのシドニー
昭子さんに逢えていろいろ語り合えて感激でしょ
お元気なうちに逢えてうれしいね
藤ちゃんもそのころは25歳
昭子さんが覚えていてくれたのがなによりうれしいよね♡



  • 2017-10-15 07:25
  • アン
  • URL
  • 編集

[C3180]

藤色の庵さん、おはようございます〜
笑い飛ばしながら、二人で行動〜
気が合う相棒との旅は、いいですね。
昭子さんとは、44年の空白もすぐに埋まるほどのお付き合いがあったのですね。
異国の地にいたからこ、その絆はいっそう深まったのでしょうね。
お互いの元気な姿を前にして、懐かしい話で盛り上がったことでしょう。
こんな経験が今もなおできる藤色の庵さんの生き方・・・素敵です♪羨ましいです♪
個人での旅で、そして長くこの地に滞在したからこそですね。
ツアーを組んでの旅ではなかなかこうはいかないですね。

[C3181]

☆アンさん
シドニーは、44年ぶりではなく、昭子さんに再会したのが、44年ぶりです。8年前には、連絡が、取れずに会えませんでした。7年前にスイスのアンネリースが訪ねて来た時に、彼女繋がりの一度だけシドニーで会った事のあるMさん(東京在)と電話で彼女のメアドを教えて貰いました。Mさんは、22歳でシドニーを去る際に私のサヨナラパーティに来られて一度しか会ってないのだけど、東京方面に来る事があったら、絶対に連絡下さいとのこと。蜘蛛の巣以下の小さな糸で47年後に繋がるなんて。昭子さんとは、48年前に知り合い、Mさんとも知り合いなので、今回彼女の家の電話でMさんと会話出来ました。不思議です。
きっと、誰でも、そう言う知り合いや友人は、居ると思います。
  • 2017-10-15 17:56
  • 藤色の庵
  • URL
  • 編集

[C3182]

☆hanaさん
今回ほど自由で、楽しかった旅は、ありません。色々な不平も批判も失敗も2人で笑いあって解決、今では、そんなマイナス面も、一番の思い出で、いつまでもその話をし続ける事でしょう。
昭子さんには、若い時に4~5回しか会ってなくて、44年間は、それほど親しくした訳ではないのです。
色々調べて臨んでくれた同級生の友達に感謝です。こちらは、もう半世紀以上の縁ですから。2人で一人の旅でした。又会いに行く人達が居たのも良かったです。
  • 2017-10-15 18:38
  • 藤色の庵
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード