ビジターカウンター
藤色の庵の楽書帳 |約半世紀の縁(えにし)3

Entries

約半世紀の縁(えにし)3

超短期間滞在だったシドニー旅行(5泊6日)。 旅程を全く決めずに渡豪。 到着後は、宿泊ホテルリッジス ワールド スクェア に直行して、大荷物を預け(チェックインは、午後15時半)ビジターセンターへ徒歩で向かい、シドニー市内一日バス券、ブルーマウンテンズ一日バス券、クルージング(飲食無し)を予約。 初めは、ユックリ時が流れるような感じだった。


予約した事をサッサと、こなしていく事にした。 到着翌日にシドニー湾のクルージングに参加した。そして次々にバス券も使う事にして正解だった。 私には、約50年の縁の方々に会うと言うミッションがあり、段々時間が無くなりつつあって、会えないかも知れない恐れが出て来始めていた。


最初の躓きは、ホテルの部屋の電話の不都合から。 日本を発つ前にスマホをオーストラリアで使用する事について色々調べたが、バッドラック。 電話が、送受信とも1分180円、メール1通50円、オーストラリア内での電話1通100円との事だったが、一応羽田空港のド☆モで、設定して貰い、電源を切って出発した。 一緒に行った友達は、ガラケーを持参したが、2人なので、電話をかけあう程迷子には、ならなかったが、いつもは、彼女は、4~5人のグループで海外に行くので、集合場所が違ったりして、携帯は、必須との事。 然しながら、彼女の加入している所は、オーストラリアでの使用は、9月30日で終了だった。


チェックイン後、ホテルの説明書に寄ると、ホテル部屋の電話機からシドニー市内への電話だと最初に0を付ければ、$1で通話可能のはずが、何度やっても出来ず、到着日は、ホテルを出たり入ったりバタバタして夜まで誰にも電話出来ずだった。 携帯番号を貰っていた人達にだけスマホで電話出来た。

到着日の夜、ボンダイジャンクションに住んでいる昭子さんに会いに行く前に、ホテルのコンシェルジュに頼んで、21~22歳、25歳の時にお世話になった美和子・べレスフォードさんに電話を繋いで貰ったら、88歳の美和子さん、足を痛めて普段は、車椅子生活なのに、前日から、ウェルカムの御馳走を作って待っていたそうで、ビックリした。 日本を発つ前に、9月28日に到着するけれど、その日には、行けないからと、何度も説明していたが、ヤハリ通じてなかった。更に驚いたのは、翌日の夜、マタマタ、コンシェルジュにお願いして電話を繋いで貰ったら、88歳の御主人が出られて、彼女は、具合が悪くなって入院したとの事だった。 うかつだった。 88歳の高齢者には、書面で確認すべきだった。 未だ他にもう2組会う予定の人が居ると言うのに、あっと言う間に4日経ち、頭が混乱して、どうなる事やらで、動転してしまった。


マアそれでも、10月2日祝日の日に、3組に会うミッションを敢行。美和子さんには、入院中の病院まで会いに行った。福祉国家のオーストラリアなのに、普段は、介護を頼まず、88歳の御主人が全部面倒を見て居られる。 入院費他は、私立病院以外なら、無料との事。 彼女に会った時の開口一番は、(マァ!アンタ、年取ったねぇ~)だって。 今年の初めから、白髪を染めてないからね。 だけど、私は、自分のグレーヘアを結構気に入ってるんだけどね。それにしても無事に会えて安心した。

DSC05250ぼかし


美和子さん宅の御近所のオバサンにも会えた。85歳の元気なオバサン。

DSC05252.jpg

88歳の旦那さんの運転は、最初不安だったけど、何の何のバリバリで、次の出会う人(故 愛子・ハウズさんの長女)の所へ連れて行って貰う。 残念ながら、愛子さんは、昨年6月に急逝された。 愛子さん夫婦が居住されていた家を娘(ジャネット60歳)が、引き継ぎ、リフォームして売るそうで、懐かしいその家は、家族で工事中だった。21歳で会った時には、12歳の少女だったジャネットも早や60歳。 嘘のような時の流れの速さ。

img009.jpg


左から2人目がジャネット。美しかった庭も荒れ放題になって居て哀れさを誘う。後方の家は、お隣。

DSC05253ぼかし  


次、昼食を一緒に取った後、Cabramtta駅まで連れて行って貰い、スイス人のハンスの元奥さんのローズマリーの所へ。 Concord West駅の真ん前の家なので、簡単!と思っていたら、隣の家と間違ってしまい、庭にズカズカと入り込んで、レモンの木等写して、ベルを押そうと手を伸ばしたら、番地が違っていた。

DSC05260.jpg


無事に会えて嬉しい。スイス人のローズマリー。

DSC05262ぼかし


以上でミッション終了!!!


 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fujiironoanne.blog43.fc2.com/tb.php/594-ef60679d

トラックバック

コメント

[C3189]

携帯がつながらなかったり
高齢の方に正確なことが伝わらなかったり
いろいろアクシデントがあってはらはらだったね
でも逢えてほんとによかった
私も昔勤めていた仲間と逢ったとき高齢の事務のおばちゃんだけ来なくて電話したらまだ家にいて
「えっ午後の一時じゃなかったの!」って
私が電話で「十一時に東京駅で待ちあわせましょ」と言ったのを聞き違えていたの
高齢の方には手紙で確認したほうが間違いないかも。。
藤ちゃんの若いときの写真みたら
月日の流れをつくづく感じたよ
逢えてほんとにほんとによかったね
オーストラリアに行ってよかったね
  • 2017-11-14 20:59
  • アン
  • URL
  • 編集

[C3190]

☆アンさん
携帯は、繋がったんだけど、相手の携帯番号を貰ってない人には、ホテルの部屋の電話機(固定電話)から安くかけたかったんだけど、不具合で繋がらないので、フロントデスクから繋いで貰いました。 シドニーも公衆電話も少なかったしね。

年を取ると、勘違いが起こりやすいよね。私も時々危ないです。勝手な思い込みが起こるのよね。 88歳だから仕方ないけど、御馳走作って待ってたとは、想像もしてなかったよ。 翌日は、入院だし、ビックリ!人に何かを口頭で伝えるのは、難しいね。

あの写真は、21歳になったばかりだから、若いよね。来年は、70、あっと言う間の約半世紀、ビックリよ。本当にオーストラリアに行って良かった、昔も今も。今回は、友達に誘われて行く気になったけど、良く考えると来年どうなってるか分からない年齢に成ってるからね。

明日は、1年振りに会えるの楽しみにしています。
  • 2017-11-14 22:13
  • 藤色の庵
  • URL
  • 編集

[C3191]

年月がかなり流れてるにもかかわらず、こうして会えるなんて
ホントに素敵なことですね。うれしいことですね。
若い頃の思い出がなつかしくよみがえってきて、お話もつきないでしょうけれど
今となってはお会いできたことが一番の喜びでしょうか。
思い切って行かれて本当によかったですね。
庵さん、赤いお洋服がよくお似合いですね。(若き頃も)
お洋服の柄の赤い花はバラの花かしら。若いな!

[C3192]

☆hanaさん
返信が遅くなりました。
本当に大決心して、会いに行って良かったと思います。会えずに亡くなった知人、友人も大勢いますから。来年までが、待てませんでした。誘ってくれた友達(高校の同級生)に感謝です。
若い時の赤い洋服私が縫いました。但し、シドニーに行って1ヶ月後から激太りして着られなくなり、前出の昭子さんに10ドル(その当時4千円位)で、売りました。今回昭子さんから、この服を着て、デートしたそうです(笑)。 赤いバラ模様のチュニックは、10年位前に元職場の先輩に頂いた羽織でリフォームして貰った物です。グレーヘアーになってから赤い色が難なく着れるようになりました。って、前から赤い服をきていましたが、無理して着てる感がありました。
  • 2017-11-21 10:58
  • 藤色の庵
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

藤色の庵

Author:藤色の庵
山口県東部地方在住。 手作り大好きは、祖母、母からDNAをしっかり引き継いでいます。
8月に仕事を辞め自由人になり、体力低下と闘いながら手作りを楽しんでいます。時々農婦も・・・

FC2カウンター

メールは、こちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード